医院長からロードバイクを貰ってきましたが、 

問題がひとつ、、、、

医院長の前のオーナーさんが購入時に防犯登録をしていなかった。 

なんせ購入時は約10年前。

その当時とは状況が変わり、現在はロードバイクがブームで

防犯登録していない=盗難車

の扱いを受けかねない。

しかし、10年前のロードバイク。

もちろん取り扱い説明書などの書類もなく本体のみ。

そんな状況でしたが、無事防犯登録ができました。

その手順はこうでした。

1. 最寄りの警察署に行って製造番号を元に盗難履歴が無いか確認。

警察署 防犯登録 ロードバイク

自転車本体とともに最寄りの警察署にいき、
警察官に「防犯登録のために盗難履歴が無いかを調べてください」と
お願いをして、調べてもらいました。

この時、担当の警察官の方の対応としては
要領を得ているような反応ではなかったのですが

すぐに調べてくださり無事盗難履歴がなかったことを確認いただきました。

その際に聞かれたこととしては
誰から譲ってもらったか
その人の名前や連絡先を聞かれました。

私の場合通っている接骨院の医院長で
そこの接骨院の診察券を見せると
その情報を控えていました。

あとその後の登録のため
万が一の時のために調べてくれた方の
お名前、所属部署、警察署の名前を控えておきました。

2.譲ってくれた人に譲渡証明書の一筆をお願いする。

次に実際にロードバイクを譲っていただいた医院長にお願いし、
譲渡証明書に一筆書いてもらいました。

ロードバイク 譲渡証明 一筆

譲渡証明書に決まった書式は無いみたいで

インターネットで 「譲渡証明書 自転車」で検索すると出て来ます。

私はこちらの譲渡証明書を使わせていただきました。

その際には前の登録情報の記載は無しでもできました。

3.自転車屋さんに行って防犯登録を行う。 

その後、私は自転車屋さんのあさひさんに行って防犯登録を行いました。

警察署にて盗難履歴が無いこと

譲渡証明書に一筆書いてもらっていること

この2点を伝えるとスムーズに防犯登録を行うことができました。

あさひさん以外の自転車屋さんで何件か防犯登録ができるか
事前に確認したのですが

取り扱い説明書がない
そもそもそのお店で買ったロードバイクではない

との理由で残念ながら登録ができなかったです。

ですので、もし、このようなケースになった場合

まずあさひさんに行くのをお勧めします。

ロードバイク 防犯登録カード 

これで晴れて、ロードバイクに防犯登録をつけることができました!